ロゴ画像

ホーム

>

>

「ブレル」ということ

いとー先生のブログ

「ブレル」ということ

昨年から、おそらく美容業界だけでは無いようですが、人が辞める問題、まぁここ数年に入ってきたスタッフの退社が多いのなんのって、学校教育が乱れている事が顕著に現れています。

でまた親がアホですから、子供がやめる問題に助長する形になっていますからタチが悪いですね。

自分の子供のことを棚に上げて店が悪いと親が言ってくる始末、本人が言えない時点で「自立」出来ていないうえに親がアホですからどうしようもありませんね。

ただサロンもハラが座っていないサロンが多く、そういった問題が出てくると甘くしていくばかりでサロン内が乱れる、今度はやる気になっていた子が辞めていく、結局は経営者次第なんですね。

経営者はどのような時代でも従業員の待遇改善を毎年向上するのが役割です。

雇った限りは、ただ待遇を良くすることと、甘くすることは別問題です。

秩序が無くなる。

なぜそのようなことが起こるのかというと、「どんなサロンを創りたいのか」「どんなサロンにだけはなりたくないのか」が不明確だから経営がブレルのです。

人生も一緒ですね。

それが描けていないと人生がブレル。