ロゴ画像

いとー先生のブログ

「求道」

「食べられない」のと、食べられる環境にあって「食べない」のとは違います。

脳外科病棟に4ヶ月入院していた始めの1週間は集中治療室で何も食べられませんでした。

それと断食はゼンゼン違いますね。手元にお金もあるし、いたるところにレストランやコンビニもある。今すぐにでも食べることはできます。

でも決めたことはやりきる。
どんなことがあってもやりきる。
これも不動心。我慢じゃない、「求道」。

その時心の基礎体力があがる。7日目までが前半、そこからが後半になり、最後あたりが苦しく体が言うことをきかない。

そこらあたりから心が空になる。

固定観念で一杯だった僕の心が空になる。

心が澄んでくる。

一番感じるとき、人生もそうなのだろうか、長い人生、苦しいときも、悲しいときも、楽しいときも色々なことがあり、死の寸前で感じること、それが今世でつかめるものか。