ロゴ画像

いとー先生のブログ

人が辞める問題

^_^人が辞める問題 美容師


人が辞める問題


*人間関係の問題


・すぐ上の先輩との問題


・店長幹部との関係


・経営者との関係


*親密性コミュニケーション不足


・行事を無くし心のふれ合い不足


・悩みを打ち明ける機会が無い


*給与待遇の問題


・給与の仕組みが不明確


・昇給の基準が無く希望持てない


*休日などの待遇


・拘束時間・休日の取らせ方


・彼氏彼女と休日が合わない


・他のサロンと比較して劣る


辞める場面の症状の違い


*1~2週間急に辞める場合


~キッカケは引き金に過ぎない理由はもう耐えられないので


*2~3か月先に辞める場合


~転職先などが決まっていて外部の人からの誘い又は自主的選択


*来年など期日指定で辞める場合


~独立、実家を継ぐなどの計画が有り以前から考えていた


対応:どうすれば良いのか


ほどんどの場合、社保年金の制度や教育の有無を話し論理で語っているだけで心理に響いていない。


論理的な説得は上司目線になる。


部下が辞める場合心理的な問題の方が大きいから部下目線に立たなければ平行線で納得にまで達していない。説得はその場は理解しても時が経てば心が揺らぎ気持ちが変わる。これが心理。納得は心からの理解だからブレない。


まずキャリアプランという仕組みを整えた上で部下個人の人生プランにまで落とし込み寄り添う。


その為には経営者や幹部には


*職場理解力(分析力)


*部下理解力(心理・生活設計)


*部下指導スキル(コーチング人生計画)


*そして成果主義ではなく成長主義の深い愛情が必要なのです。


結局、仕組みを整えても伝える側の幹部の成長が無ければ心理的納得までは届かず力の説得の繰り返しになるのではないかと思います。