2019年8月17日 | 思うこと

体調不良だった

休んでなかったせいか6月くらいから体調が悪く、7月暑い日が続きやたらとのどが渇くので熱中症か思い、、ポカリ、ゼリー健康飲料、アイスクリームなどをガンガン食べていたら動けなくなり病院へ7月末に急性糖尿病、普通の人の糖値が70~110のところ678だと、やけにフラフラすると思っていたら、「倒れる寸前ですと…診断」薬で糖値を下げ体力が弱り切っていたところに4日前にギックリ腰。鎮痛剤を飲み杖をつきながら仕事を盆休み前の今日、整形外科へ「ヘルニアではありません。ただの筋肉疲労のギックリ腰です。」と注射を打ってロキソニンシップをもらい今日は仕事はお休み。整形外科はお盆明けで大混雑。待つこと1時間30分、老人も多くワレ先に行く老人、マナーを守る老人。一番マナーが良かったのは部活でケガをした中高生。それらの行動を観ていて勉強になったのが、まぁ自分自身はマナーなどは守っているが体調が悪くなってからのここ数週間、自分がシンドイものだから頭の中で考えていることは自分自身の事ばかり他人のことを考える余裕が無かったなぁ。と反省。21日間断食や100キロウォークと普段精神を鍛えているつもりが大したことない奴だったと思い返す。シンドイ時ほど自分自身の精神力の鍛え所だと思う。学びは人生の色々な場面であるものだ。