2020年10月2日 | 思うこと

執着を去る

 

青空を眺めていて、ふと思うことは自分自身が死んで魂が天に昇る時には全ての執着を捨てて行かなければ登れない。お金も家も財産も家族も自分の肉体すらも、すべて…。捨てきれなくてこの世に執着があると執着の心の重さで昇れず往生せずに,この世をさまよう幽霊のようなモノになってしまうのだろう。

何になるかというようなそんなことはどうでもいいのだが、その全ての執着を捨て去ることが出来る心境に達したら、それは心は楽だろうなぁと思う。今なお現世で生きていく上での心配事、来年はどうなるのだろうか? とか、仕事は来るのだろうか? とか、余計な取り越し苦労をせずに何の心配事も無く淡々と明るく元気で楽しく流れる水のごとく春風のような爽やかな気持ちで毎日を過ごす。

これから、その欲も得も全ての執着を捨てる心境に至れるように自分自身の心を磨いてみようかな、と思う。

 

if( function_exists('wp_pagenavi') ): wp_pagenavi(); endif;