ロゴ画像

いとー先生のブログ

大胆な手を打つ

守りに入ると、大胆な手が打てなくなります。

守りも必要ですが、積極的な攻めも時期により必要です。

一番良くないのは中途半端なことですね。流されやすいからです。