ロゴ画像

いとー先生のブログ

学問

どのようなモノゴトでも深さがあると思うのです。

分かりやすい話をすると、「感謝」。

「感謝」には深さがあるでしょう。

自分に何かをしてくれた人に「ありがとう」という感謝。

この場合の感謝は、何かをしてくれたことへの感謝ですから、根底あるのは「損得」ですね。

ところが親に対する感謝「ただ生んでくれたことへの感謝」。

あるいは天地に対する感謝。

「ただ生かされていることへの感謝」これは、もう少し深い感謝でしょう。

感謝ということでも「深い学び」があるでしょう。

だから本当の学問というのは自分を磨くことにあるのですね。

学問でも知識の量を増やすだけの学問は浅いのですね。