2018年12月19日 | 断食

断食の記録2018 前日~15日目まで

35日間断食の記録

2018年12月4日 東京ブリング合宿

前日

2008年 21日間断食

2010年 27日間断食

2012年 21日間断食

21日間以上の断食はこれで4度目になる。

やはりこれまでの経験を超える事には不安と恐怖があるのは事実だが今世ではこれが最後の長い断食になるだろう。

この後、どのような人生がやって来るかは想像がつかない。けれど、さらに飛躍することは分かっている。その為に自分自身を高める。

大野さん夫妻が第一ホテルの豪華昼食・昼食はお寿司を用意して下さり、最後の食事は家で食べたので大満足。明日からうまくいけば105食抜きのこれまで見た事のない世界に向かう、食事の事を考えるのも35日間ない。

 

12月5日 断食1日目 家

静かに一日目が始まる。朝、着替えなどの準備をして昼にちひろ・あんなの娘二人が伊丹空港まで車で送ってくれる。17時過ぎ那覇着。気温24度、蒸し暑い。

3日や5日間断食では感じない事だが三日前から心が静かでこれまでの人生の出来事や反省、清い心で生きたいという気持ちが自然と起こり断食に向かう心になってきている。

21日まではメンバーは入れ代わり立ち代わり変わる。今回は全員、断食を毎年一緒に修行しているメンバー、今日からは、中野さん、濱子さん、千田さん、伊藤勝義さん。お互い数年以上断食を続けているメンバーなので断食の修行とダイエットとは根本的に違うことを知っているので目的がチャラく無いから乱されることはない善き仲間。

 

12月6日断食2日目 大雨

伊藤勝義さん、中野さん、濱子さん、上西さん、千田さんと北谷で合流。ベンション美留に宿泊。ボクは疲れが溜めっているのと頭痛がするのでマッサージ。いつも断食では2日目か3日目に頭痛がする。

皆さんはそれぞれ語り合い時間を過ごす。濱子さんが4日目、ちょっとキツそうだが元気。

おしっこが黄褐色になりビタミンのような薬の臭いがし始める。体内に蓄積している防腐剤などが出始めている証拠。 24時就寝

 

12月7日断食3日目 曇・強風

体の汚れはお風呂に入れば落とせるが心の汚れはとれない。欲望にまみれた生活を日常的にしている現代社会では心の汚れを落とすことは困難。今日、浜子さんが帰って行った。我々より早く始めたので断食5日目。

帰りに言っていた言葉が印象的で、「断食に来始めてから、そこで心をリセット出来るようになりました」ボク自身も又ずっと断食を続けているメンバーも同じ気持ちでリセットし次の行動をする為の空白期間で行う。

年末年始はリセットし新しい年を迎えるのにちょうどいい。

今日は頭痛も無く体調が良い。昨日マッサージに行ったので背中のコリも取れた。

みんなの笑顔がスゴクいい。浜子さんも良い笑顔で帰って行った。今回のルールは「7日間以上断食をすること」浜子さんは帰ってからあと二日、仕事をしながらの断食だとか

3日目になるとすれ違う人の体臭が分かる。特にお肉を食べた人は肉臭い臭いがする。

獣の臭いだ。人の体は食べ物により左右されるのがよく分かる。

夜から勝義さんの奥さん、ひとみさんが参加。

 

12月8日 断食4日目 曇

昨夜は24時前に寝て、朝8時45分に起きる。断食の始まりはいつも寝続ける。内臓がつかれているからだ。今日は体がだるく朝起きるのがキツかった。昼間は、本を読んだり、来年のスケジュールの調整で各サロンに連絡したり、まだ終わらせないといけない仕事をしている。あと1週間くらいは本も読めるような気がする。体重も今回は計っていない。体重計が無いからだ。来週、山本さんが持ってきて下さるようだ。

フィリピンの貧しい村の産院、富田江里子さんから朗報が届いた。危ないかも…と言われていたミデル君の傷口がふさがり始めたらしい。奇跡が起こるかもしれない。なぜか長い断食をしていると不思議なことが色々起こる。

前回の21日間断食の時も、サルー高村さんのところのスタッフが白血病だと電話があり、骨髄バンクの大谷貴子さんに電話したら宇都宮の病院まで行ってくださって骨髄移植しいまは元気になっている。あれも断食4日目か5日目だった。

24時就寝 7時30分起床

 

12月9日 断食5日目 曇18度

段々からだが重くなってきた。まだまだいけるが先は長い。おしっこからは薬の臭いがしかなり体から薬物が出ているのが分かる。

中野さんを国際通りまで送り

那覇空港→伊丹空港→新大阪→岡山

伊丹空港で淳子が迎えに来てくれて車で新大阪まで行き新幹線で二人で岡山へ

岡山駅近くのマッサージに行く、今年の中で一番上手なマッサージの方に出会う、体調がすごくよくなる。夜・岡山でパパス南さん・藤森さんに会う。色々とパパスのこれからの相談に乗る。明日は岡山オーニシさんのセミナー  24時就寝7時40分起床

 

12月10日 断食6日目 晴 岡山 8度

10時前にホテルを出てオーニシさんへ

11時~13時までサロンセミナー

13時30分~14時30分セールスセミナー、終了後大西会長に岡山駅まで送ってもらう。さすがに断食6日目のセミナーは体力を使った。一緒についてきてくれた家内はゼンゼン断食6日目の感じじゃなく元気だったというが終わってから張り詰めた緊張感がなくなるとドッときた感じがする。

岡山→新大阪→車で関西空港

空港で紅茶を飲みながら淳子と1時間くらい話をする。良い時間だった。

断食6日目に1番きつかったのは飛行機と駅、飛行機は多くの人イライラする気をまともに

感じてきつかったのと駅は食べ物屋の看板や臭いがきつかった。脂っこい食べ物は食べたいとは思わないが、うどんやパンなど軽い食べ物が目に映る。

沖縄雨22度、24時ホテル着、

24時45分就寝、8時25分起床

 

12月11日 断食7日目 雨のち晴のち雨

千田さんがジョイフルでお粥を作ってもらって帰る。1週間断食は初めてだとか、すごくよかったと帰って行った。千田さんはスタッフ皆と毎年、滝に打たれに行くというストイックさ断食後も清々しい顔になっていた。

ペンションのコインランドリーで1週間分の洗濯をする。4回くらいは選択する必要があるだろう。夜は少し映像を観たりして過ごす。

23時就寝・6時30分起床

 

12月12日 断食8日目 曇

今日はコーラルリゾートに移動する。午後からRT山本さん、NAP安井さんが参加する。

断食も1週間くらいまでは内臓の休暇のようなものでこれから少しずつ静の領域に入っていく。心静かに全細胞の動きを止めてノーシンキングの世界へ。静かに入っていく。

那覇空港まで二人を迎えに行き合流。

24時就寝・7時50分起床

 

12月13日 断食9日目 曇18度

唇がカサカサになって来たのでリップを塗る。

朝起きた時に口の中がネバネバする。オシッコはまっ黄色、身体から溜まっていた防腐剤などがドンドン出て行っている。ボクは37歳の時に脊椎腫瘍の手術をしているから年に二度くらい身体から防腐剤など知らず知らずに溜まっている薬物を出す。最近、癌で亡くなる方が多いが恐らく食品のせいだろう。防腐剤が入っていない食べ物なんて皆無だから年に2度の断食で体から出してしまうしかない。恐らく断食仲間は癌にはならないと思う。

人間というのは知らず知らずに思い上がる心が出来てしまったり、知らず知らず体に溜まる防腐剤のようなモノが怖い。少しずつだから気づき難い。ただ、今回の長~い断食は根性試しだけど…

 

12月14日 断食10日目 晴

穏やかな日。昨夜、長野県から江原さんが合流。5名になった。全員経営者。

朝起きた時が体がだるくボーっとしている。

朝は瞑想に向いている時間。ノーシンキングの時間を作りやすい。夜はみんなで善き映像を鑑賞する。昼間はメンバーが良いので来年のサロン経営やマネジメント、人の問題、来年度の方針をどうするかなどの、とめどなく話題は尽きない。メンバーが良いと時間を持て余すことも無いし、消極的な発想も無いのでいい会話ができる。

国際通りで酵素断食をしている方に出会う。その方は月イチじゃなく。しょっちゅうやっているということだ。健康オタクに近い。断食というのは方法であって人それぞれにやり方が違ってもいいのだと思う。これでなくてはいけないという執着の心が人を縛り不自由にする。心は自由がいい。

19時に田村組の田村さんを迎えに那覇空港へ行く

23時就寝・7時起床

 

12月15日 断食11日目 晴

夢を見た。人が離れていく夢。自分の中にある寂しさはコレがルーツかと思った。

朝起きて親父の事を思い出した。

マンダムに勤めて3年目、それまで順調だった親父の繊維の会社が不調で叔父さん助けてもらっていた時期でボクが手伝いに行って立て直す。と意気込んではいたが、化粧品会社から繊維の世界に行っても何も出来ない現実があった。

給料を25万円給料を貰っていた。自分が経営者になってみて分かることだが、倒産しかかった個人の会社で何もできないボクに払うのはキツかっただろうなぁと思う。今だからわかること、当時はマンダムにいた感覚で働いていて会社に対する経済観念などは無かったのだと思う。

普段も夢は見るがここまで、あーあれはこういうことだったんだなぁ。という深い思索には至らない。時間に追われているからだろう。断食11日目で過去の事を思い出し心が浄化してきているのだと思う。このあと心を浄化し、心は次のステップに向かうのだろう。

23時就寝 7時起床

 

12月16日 断食12日目 晴

江原さんが7日間断食を終え満願。長野へ帰る。山本さんも高知へ帰るが、あと二日間高知で断食をするという事。それで満願。

断食中は色々と話しをする。話の内容は、何でもない世間話もあれば、これからの美容業界のあるべき姿や、それぞれのサロン経営の話でそれとなく意見をのべあい来年の経営方針や戦略の参考にする場合もある。なんとなく過ぎゆく時の流れの中でそれぞれに得るものがあるようだ。ボクも含めて忙しいメンバーなので普段のスピードの歩みを止めて欲望を去り静かに考える時間は人生にとって必要。

23時就寝・7時起床

 

12月17日 断食13日目 曇風強い

11日目はすごく体調が悪くてきつかったが12日目は楽だった。今日も朝起きた感じは楽な日のようだ。日々、体調が変わる。長い断食の時はカルシウムとレモン水かフレッシュジュースを3~4日に一回取るようにしている。1回目の21日間断食の時に銀歯など歯のかぶせが取れてしまってしばらくは医者に通ったのと、口の中に口内炎が出来たからだ。全て自分で自分の体に聞き決めている。

眼圧が落ちてきているのか昨日から細かな時の本が読みにくい。大きな字の本はまだ読める。おしっこの色も薄くなり始め次第に薬臭い臭いはしなくなってきている。毎年、3~5日間断食を続けているので体の中の防腐剤などが出ているのだろう。初めての長い断食の時より早い気がする。

腹の外側の脂肪はだいぶ取れてきた。これからは内臓についている脂肪が取れ始める。内臓脂肪が取れて食事を摂るようになったら今回は筋肉に変えて行こうと思う。

22時就寝・5時起床

 

12月18日 断食14日目 晴

2週間が過ぎた。足先が冷えてきた。血行が悪くなってきているのだと思う。食物を摂って無いので身体の脂分が無くなってきている。長い断食はいつもこういう状態で細胞を停止させる状態にし、断食後、食物を食べ始めると細胞がイキイキし肌がツヤツヤになる。今回はその細胞がイキイキし始める力を筋肉に変えてみる。食べたいという欲望はまだある。

人間というものはどこまでも欲望がある。食欲、睡眠欲、性欲、肉体を維持するためや子孫を残す為の基本的な欲望もあるが、厄介なのは金銭欲や出世欲、自己顕示欲だ。他人を蹴落としてでもその自己の欲望を実現しようとする人間が出てくる。それらが争いを招くのだろう。発展すると戦争になる。リーダー的な存在は自己の欲望を克服できなければ人を迷わせ迷惑をかけることになる。自分はどうあるべきかを考える。

長い断食の場合、色々な過去の出来事を思い出したり、反省したり、それで許せなかった人や出来事を許せるようになり心から離せるようになり軽くなる。また、心が軽くなると綺麗な心になり、ちょっとした気づきや仕事に役立つアイデアも思い浮かぶ。コレが心が何物にも囚われなくなる境地。日常の欲望に振り回されている時のは感じることが出来ない境地。だから4度目になるが何回も長い断食をするのだろう。ボクはお坊さんじゃないから無理に断食行をする必要など無いのだから…。欲望を去ると他人の行動が読めてくる。

あと1週間くらいで肉体の欲望は超えられそう。自分を大きく見せたい心、他人に良く見せたい心、それらは全部自己顕示欲。次は心の欲望を超える。2012年に21日間断食をして6年ぶりになる自分自身をゆっくりと見つめ直す時間。

22時30分就寝・6時30分起床

 

12月19日 断食15日目 晴

朝日を見に行った。昇る朝日、夕日も大好きだが昇る朝日も良い。人生も同じだが年齢に関係なく上がって行こうとしている人間にはエネルギーを感じる。若くても曇り空のようなハッキリしない人間もいれば、不平不満をいつも口にしている雨空のようなジメジメした雰囲気の人間もいる。

今年も100時間レッスン・100スタイルレッスンのレポートがいっぱい届いた。自分のサロンのスタッフが練習しなかったり、100時間やっても1回きりで続いていないサロンは、だいたい経営者や幹部がやっていない。上の人が他の事でもいいから死に物狂いで頑張っている姿を見せている組織は下も頑張る。自分自身が頑張らないで他人にやらせようとするからダメなのだろう。当たり前のことだが人間は自分自身に甘く人に厳しい場合が多い。よく「命がけで頑張ります」という人がいてるが本当に命かけてる人は滅多にいない。口で言うのは簡単だが実際にやるのは困難だからだ。ボク自身、今回は命がけの根性試しの良い機会になっている。ガキの頃のツッパリは他人に喧嘩売ったり対抗したり、親や先生、社会に対してツッパていたりだが、大人になってからのツッパリは自分自身に対してのツッパリ、どこまでやれるかの根性試し。これが無くなったら、もうボクは歳を取ってしまったって人生の終わりを考えるようになったってことだと思う。58歳、根性でまだまだいけるな! そんな気がする。