2018年12月24日 | 断食

断食20日目 6時40分

同日 その少しあと…

今朝、6時33分に家内のお母さんが亡くなった。こちらに来る前から看取り期に入っていたのだが、昨日はまだ意識があったようだから年明けまで大丈夫かな。と思っていたが…。断食は明日の21日間で終わりとする。体調は今までの断食の中では最高に調子がよくまだまだ出来るのですが、自分自身の修行より人としての道を選ぶことする。断念という言葉は使わないでおこうと思う。お母さんに失礼だからだ。自分の意志で終わりとする。お母さんは、10年弱ウチの家で一緒に生活をしていて、ボクは、ずーっと出張で家を空けていたので何もしてあげられなかった。

桜と紅葉が好きでボクが家にいないので家内と子供たちが見物に連れて行ってくれたいた。明日の便で大阪に帰ることにする。一番寂しいのはウチの家内だから帰って寄り添う。

これは何を意味するのか? また別の機会に修行をせよ。ということか。それとも身体に悪いからもうやめておけということか。

また、考えることにする。とにかく今はお母さんを見送る。