ロゴ画像

いとー先生のブログ

日本

先日、渡辺昇一氏の本を読んで発見したことですが、日本憲法とか日本神道とか日本拳法とか日本電気とか日本生命とかという名称に使う「日本」という言い方には、「日本の」とか「日本独自の」とか「日本古来の」というような、言わば日本が「主」になった名称で我々はこれが通常だと思っていますが、日本共産党というのは、ロシアに本部がある共産党の日本支部なんですね。

最近はどうか分かりませんが昔は独自ではなく支社というか、子会社というか、本部は外国、ロシアから指令が出て活動をしていたそうです。

キリスト教の日本普及の教会や、東京ディズニーランドのような位置づけで、政党にもそういうのがあるとは知りませんでした。

「日本」と付けば日本が主であるという考えかたは視野の狭い島国的な物の見えて無さがあるわけですね。日本内でしか判断できていない。