ロゴ画像

ホーム

>

本のこと

本のこと

2019年1月6日|

向上心か費用対効果か?

浅野喜起さんの経営の小さなヒントを買った。2310円、古本でしか手に入らない。元の値段は1100円。勝者のビジョンは今は4000円、元の値段は1200円。嚶鳴館遺草は一時1万円、元の値段は1200円、でも今は手に入らない。善き本がどんどんなくなっていく時代。手に入れておく本はその時に買っておかないと手に入らない。いま、本に対する価値が下がっている時代、学びに対する向学心が下がっているのではないかと……

続きを読む

2017年1月22日|

韓国での出版本が三冊になりました

韓国での出版本が12月14日で3冊になりました。三冊目は店販の本、今韓国の美容室では店販比率が1~2%くらいで日本の三分の一から四分の一、これから店販の分野を広げてスタッフの給料アップにつなげていこうということです。本が出るたびに韓国で話す内容も膨らんできます。やはり自分の考え方を本に書いて置くことは苦労は多いですが大切なことだと思います。特に海外の人達に自分がどういう考え方を持ちどういう人間なの……

続きを読む

奇跡の合宿発売

じつに2か月ぶりのブログです。 10月に奇跡の合宿が発売になりました。 これまで美容業界での単行本は8冊書いてきましたが、一般の書店に並ぶ本は初めてなのですが、有難い話が発売後5日目にアマゾン、楽天の両方が売り切れ。 楽天6位、アマゾンのビューティ部門1位でした。 これはうれしかったですね! ツイていたなと思うのは美容業界で8冊書いてきましたから、発売後すぐに美容師さ……

続きを読む

店販の達人2(仮)執筆終了! 

なが~い、なが~い戦いでした。 今年は、仕事しました。 単行本の原稿終了!なんとか書き終えました。 いや~今回の本の取材は自分自身の勉強になりました。 盛りだくさんのいい本になります。 自分で言うのもなんですが…。 楽しかったですね。 こちらから購入出来ます。

続きを読む

店販の達人2

先月から、8月末まで単行本「店販の達人2(仮題)」の原稿を書いています。 正確には、全体構想を決めるのに先週までかかり、 いま部分部分を書き始めたところです。 事務所で内容を考えながら、書いては寝っころがり、 調べたり、また書く。 というような休日の使い方です。 ボクの場合、休日と移動時間と仕事が終わった後の ビジネスホテルが書ける時なので今月末まではそんな生活です。 ……

続きを読む

この本は読んだ方がいい

「海賊と言われた男」(上)(Amazonから購入) 「海賊と言われた男」(下)(Amazonから購入) 「日本人の誇り」(Amazonで購入) この2冊を読めば、 戦後日本がいかにアメリカに統制されていたのか、 アメリカの利益のための奴隷国家に成り下がっていたのかが分かり、その辺りの害が今に及んでいるということがよく分かります。 なぜ、先生とタメクチになったのか。 な……

続きを読む
no-img

店販の達人2

さて、いよいよ単行本「店販の達人2」の執筆に入りました。 テーマは、「達人ストーリー」店販の達人づくりのストーリーです。 できるだけ多くの実例を掲載できないものか、と考えています。

続きを読む
no-img

本を読む力の衰退

最近、「活字離れ」ということで本が売れなくなっているようです。 電子書籍に変わろうとしているといいますが、 電子書籍も一向に売れていない。 これをどう観ればいいのかと考えると、 「本を読む力の衰退」ではないかと思うのです。 学校の先生の質が急激に落ちてレベルダウン、 その結果「ゆとり教育」という名の怠惰な教育へしばらく向かい、 暗算や読書力、 さらには道徳心の衰退が今起……

続きを読む

原稿

昨夜から富山のホテルで原稿を書いています。 昨夜ネクストリーダー6月号を書き終え、今日はBOB6月号を仕上げます。 今夜はウッディチキン北陸のみなさんにお逢いできます。

続きを読む

鈴木清一さんの本

ダスキン、ミスタードーナツの創設者、 鈴木清一さん本が出ました。 著者は神渡良平さんです。善い本です。

続きを読む