2017年8月13日 | 思うこと

Cut5さんの先輩と一緒にやった100時間レッスン

お世話になります。カットファイブの四元です。先日は引き寄せセミナーありがとうございました。100時間レポート報告させて頂きます。

今回一年生の古川とアシスタントの鈴木とチャレンジしました。今まで100時間レッスンを何度か達成してきましたが、一年生とチャレンジするのは初めてでした。今までは自分のスケジュールで自分のレッスンを極めるだけでしたが、一年生のレッスン指導をしながらの100時間ということでいつも以上に時間の使い方を考えました。今回の100時間レッスンでの気づきは、同じ目標に向かって突き進むことで絆が深まり、プラス思考になるということです。

コミュニケーション不足という言葉は一緒にいないからおこるもので一緒の空間に同じ目標を持つ人が集まったら分かりあえないことはないのだと感じました。

アシスタントや一年生はレッスンをしないスタイリストから、「レッスンしなさい」と言われてもやらない、やりたくない理由が改めてわかった気がします。

自分がやるからこそです!

古川もテストに合格して3人共に達成出来たこと、お互いの事をたくさん知れた事全て勉強になりました。今までで一番技術以外で気づかせて頂いた貴重な経験となりました。グループ内にも生かしていきます。

四元優見

100時間レッスンをして、改めて時間の大切さを知ることが出来ました。100時間レッスンをしていない月でも時間をもっと大切にし、細かく計画を立てて、やって行かないといけないと改めて思いました。

鈴木美香

100時間練習を通して

わたしは、初の100時間でした。朝も早く夜も遅くまでで、最初のころは、早く終わっちまえとか思ったり、一日が長く感じたり、、、。

後半になると、体も慣れてきたのか、全然疲れなくなりました。そして、先輩たちと打ち上げの話とかしたりして、楽しみなことを増やしてなんとか頑張れました。

わたしは、技術よりも、身体と精神が鍛えられました。

これからも、成長し続けたいと思います!!

古川ゆきみ